予約予約 お問い合わせお問合せ
予約 お問合せ

DENTAL GLOSSARY歯科用語集

専門用語は色々と分からない事が多いかと思い、
できるだけ簡単で分かりやすくまとめて作り始めました。

フッ素

歯質の強化、虫歯の原因菌の活性化を阻害し虫歯の発生を抑制する効果が得られる。
自然界にある元素の一つでお茶や魚介類など多くの食品に含まれているため、虫歯予防に欠かせないだけでなく丈夫な歯や骨をつくるために大切な役割を持っている。
フッ素を塗布することで虫歯の進行を止めたり遅らせたり、健康な歯は虫歯になりにくくすることが可能。お子様の歯は成人の歯と比べてエナメル質(歯の表面)が未熟であるため医療法人UDCうえだ歯科クリニックそしてHANA Intelligenceではお子様の歯に積極的にフッ素塗布を行っております(原則無料)。クリーニングやメンテナンスに使用してる歯科専用のペースト剤にも高濃度なフッ素が含まれてますので虫歯予防の効果が期待できます。

プラーク

歯に付着した細菌が繁殖した塊。食後4〜8時間程度でできるといわれプラーク1mg中の細菌数は約10億個の虫歯や歯周病の原因となる細菌が存在する。歯肉縁上プラークと歯肉縁下プラークに分けられ、それぞれの菌の種類も違う。
プラーク除去に効果的な方法は正しいブラッシングです。磨きにくい部分やケアの方法を身につけていただくことで健康な口腔内を保てます。医療法人UDCうえだ歯科クリニックそしてHANA Intelligenceではお口の中の環境は様々ですので患者様それぞれに合わせた方法をご提案しております。

フランクルト平面

左右いずれかの眼窩下点(眼窩下縁)と耳珠上縁を結んでできた平面のこと。
眼耳(がんじ)平面やFH平面とも呼ばれる。
直立した際、地表とほぼ平行になるとされている。
フェイスボウトランスファーやセファロ分析を行う際の基準平面として主に用いられる。
フランクフルトでの会議で決まったためこの名称がついた。

フロス

歯ブラシの毛先が届かない歯と歯が接触している部分や、磨きにくい歯茎の際の清掃道具。指に巻いて使用する糸巻きタイプと持ち手のあるホルダータイプの2種類がある。
指に巻いて使用するフロスは、歯に沿わしやすく歯と歯肉の中に付着しているプラークも綺麗に除去することができる。ブラッシングと合わせて行うことで虫歯のリスクを下げたり、口臭の予防、歯石の沈着を防げるので歯周病予防に効果的である。医療法人UDCうえだ歯科クリニックそしてHANA Intelligenceではメンテナンスでお越しいただいた際は健康なお口を保つべく、使い方の再確認をしております。

ホームブリーチ

自宅で行うホームホワイトニング。専用のトレーに様々な濃度の過酸化尿素を含んだ薬剤を入れて一定期間装着し歯を白くする方法。
尿素は二酸化炭素とアンモニアに分解されるので人体には安全とされている。

POs-Ca F

歯は97%以上が、カルシウムとリン酸からできており、「ハイドロキシアパタイト」という水晶のようなものが、ずらっと垂直に並んでいるのが歯です。そのため非常に硬い構造をしていますが、酸に弱いという弱点があります。そして食事などで口の中が酸性に傾くと、歯からリン酸とカルシウムが溶け出します。この状態が長く続くとむし歯になってしまうのです。また、歯から溶け出した成分は唾液からしか補うことはできません。
そこでPOs-Ca Fです。POs-Ca Fは唾液に溶けやすい水溶性のカルシウムなので、このガムを噛むことにより、溶け出したカルシウムを補う再結晶化ができます。また、POs-Ca Fはキシリトールの作用に加え、溶け出したカルシウムも補えるので、初期むし歯の改善も期待できます。

ボツリヌストキシン

ボツリヌス菌から抽出したタンパク質の一種で「ボツリヌス毒素」のこと。
食中毒の原因ともいわれる菌でもともとは毒性が強いが、ボトックス注射のような治療に使われる製剤は、無毒化されたもので、かつ生理食塩水で薄められているものが使用されるので、人体にも殆ど影響はない。

医療法人UDCうえだ歯科クリニックそしてHANA Intelligenceでは、歯科ボツリヌス(ボトックス)治療として、歯ぎしりや食いしばり、それが原因で起こる場合の顎関節症の改善に使用しています。
注入する部位に、最適な量のボツリヌストキシンを極細の針で注入します(ほぼ無痛です)

ボトックス(ボツリヌス)治療

歯科ボツリヌス(ボトックス)治療とは、
ボツリヌス菌から抽出される天然のタンパク質(ボツリヌストキシン)を有効成分とする薬を過度に緊張している筋肉に注射して一時的に緊張をほぐす治療法です。

ボツリヌストキシンを緊張した筋肉に注入し、神経と筋肉の伝達を遮断して緊張を取り除きます。

咬筋にボツリヌストキシンを注入することで、歯ぎしりや食いしばり、それらが原因で起こる場合の顎関節症の改善が可能です。
筋肉の張りを軽減することにより、エラが細くなり、小顔効果の期待もできます。
効果は3〜6ヶ月程持続します。

ガミースマイル治療としての歯科ボツリヌス治療も行っています。
ガミースマイルとは、笑った時に歯茎が過度に見える状態のことをいいます。
ガミースマイルには様々な原因がありますが、その原因の1つに、上唇周りの筋肉の挙上する力が強すぎて、歯茎の露出する範囲が広くなることがあります。これは実は、個性というよりも、お口周りの筋肉の発育異常だと言われています。
上唇挙筋郡に
ボツリヌストキシンを注入し、筋肉の挙上する力を弱めることで、笑った時に見える過度な歯茎の露出を抑えることが可能です。

ホワイトニング

生まれ持った歯の色を薬剤によって白くする方法。歯科医院に来院し短期間で歯を白くするオフィスホワイトニングと、専用のトレーを使用しご自宅にいながら長期間で歯を白くするホームホワイトニングの2種類に分けられる。オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせたものをデュアルホワイトニングという。
医療法人UDCうえだ歯科クリニックでは効果の高いデュアルホワイトニングをベースに会員制のホワイトニングプラン(5年間)をご用意しております。ホワイトニングジェルや歯磨剤などがプランに含まれていますので短期間に白くすることができ、ご自身に合わせた使用方法をご提案させていただきますので、美しく白い歯を維持することができます。

抜歯鉗子

歯を掴んで抜くために用いられる治療器具の名称。

 歯の陥入

歯が植わっている骨の中に、外傷などによって更に埋まってしまう状態こと。
乳歯や根っこのまだ完成していない永久歯の場合は自然に再び生えてくることを期待し、そのまま経過観察を行うことが多いです。
根っこの完成した永久歯の場合は、正しい位置に整復した後に、約6週間ほど固定し、固定後予防的な根管治療を行う。

パノラマX線

歯科診療の代表的な撮影法の1つで、パノラマ撮影装置により、顔の周囲を回りながら歯と顎全体を撮影すること。
歯や骨の状態が分かり、虫歯や歯周病の状態をなどを確認することができる。医療法人UDCうえだ歯科クリニックそしてHANA Intelligenceでは、お口の中全体を総合的に診断し、長く安定した口腔内を獲得していただくために、パノラマX線撮影を行わせていただいております。

歯磨き粉

ブラッシング時に歯ブラシにつけて使用する洗浄剤。薬用成分を配合したものは清掃効果だけでなく、虫歯や歯周病予防、抑制、口臭除去などの効果を得ることができる。化粧品または医薬部外品に分けられる。
医療法人UDCうえだ歯科クリニックそしてHANA Intelligenceでは虫歯のリスクが高い方には高濃度のフッ素が含まれているクリンプロをお勧めしております。年齢層を問わず幅広く使える低刺激な歯磨剤です。歯周病のリスクが高い方には殺菌効果が高いSP-Tジェルをお勧めしております。歯周ポケットに浸透しやすいジェルタイプになった歯磨剤です。
一例を挙げましたが当院ではたくさんの歯科専売の歯磨剤を揃えております。お口の中の環境は家族であっても異なります。リスクに合わせた歯磨剤を使い分けることで健康なお口を保つことができます。また環境が変われば歯磨剤を変える必要があるため、より効果の高い歯磨剤のご提案をしております。

ヒアルロン酸

人間の皮膚や関節など、広く生体内の細胞外マトリックスにあるグリコサミノグリカン(ムコ多糖)の一種。
ぬるぬるしたゼリー状で弾力性がある。
加齢とともに体内にあるヒアルロン酸は減少していき、およそ70歳程度で殆ど無くなってしまうと言われている。

医療法人UDCうえだ歯科クリニックそしてHANA Intelligenceでは、
ヒアルロン酸注入として、
お口周りのしわの改善やブラックトライアングル(歯と歯の間と歯茎との隙間)の改善に使用しています。
注入する部位に麻酔をした後、最適な量のヒアルロン酸を注入します。

UEDA MEDICAL CLINIC うえだメディカルクリニック(うえだ歯科クリニックの2F) UEDA MEDICAL CLINIC うえだメディカルクリニック(うえだ歯科クリニックの2F)