予約予約 お問い合わせお問合せ
予約 お問合せ

予約

お問合せ

アクセス

LINEで相談

METAL FREE

メタルフリー部門

金属を使わない治療法

お口の中で金属を使わないメタルフリーの治療をうえだ歯科クリニックでは推奨しております。歯よりも硬い金属(銀歯)を入れることで歯の寿命が縮まるおそれががあり、二次的な虫歯にもなりやすいために、最良の治療はセラミックで修復してあげることです。セラミックの材料は白いだけではなく歯にも身体にもやさしいものです。歯の寿命を長く守るための治療方法としてご紹介をさせていただきます。

METAL FREE 01. セレック治療

天然の歯に近い色や質感、
機能性を短時間で再現します。

セレック(CEREC)とは、CEramic REConstruction(セラミックによる歯の修復)の略称で文字通りセラミック材料を用いた修復治療を指します。
歯科医療の先進国であるドイツで開発されたCAD/CAMシステムというコンピュータ制御で歯の修復物(補綴物)を設計・製作まで行うシステムです。

TREATMENT METHOD
セレック治療方法

「むし歯を削り始めてから修復完了までを1日で」終えることのできる1dayトリートメントを実施しています。

従来法のセラミック治療では、来院回数は最低2〜3回となっており、その工程は「歯型をとる⇒模型を作る⇒模型上で修復物を設計・作製⇒修復物の完成・装着」と4段階に分かれ施術しておりました。しかし、セレック治療では、従来の印象材による歯型採りは行わず、3D光学カメラによって撮影することで行います。

スティック型のカメラでの撮影は快適かつ素早く完了します。撮影されたデータは直接コンピュータに読み込まれ、修復物の設計や調整をコンピュータ上で行うことができます。
さらに、設計データはミリングマシン(セラミック素材を自動的に削りだす機械)へ転送され、そのデータに基づいた精密な修復物が製作されます。
コンピュータを使って作製するので、歯型を取る必要がなく、その場でかぶせ物が作製できるため、治療にかかる所要時間はわずか1時間程度。忙しい方にぴったりです!
ただ歯の状態、本数によっては時間が前後したりワンデーが難しい場合がありますのでご了承ください。

またこのシステムでは詰め物や被せ物もセラミックブロックを材料に、コンピュータ制御で製作されるため、精度が非常に高い詰め物・被せ物(補綴物)が出来上がります。また、セラミックという優れた歯科材料を使うことで、精密な修復操作が可能となり、むし歯の再発などの再感染を防ぐことができます。
このように、セレックシステムを活用すれば、天然の歯に近い色や質感の詰め物・被せ物(補綴物)を短時間で製作することが可能です。

METAL FREE 02. セラミック修復

食器などにも活用されている白くて美しい
陶材(セラミック)を使った修復治療です。

天然の歯に近い、白くて美しい素材であるため、審美性の高い修復処置が可能です。また、歯のエナメル質に近く、硬すぎず、軟らかすぎず、かみ合わせを壊すことがありません。装着の際には、残った歯質と化学的に結合する「接着」操作が可能であるため、詰め物・被せ物(補綴物)が脱離するリスクも抑えられます。歯との一体感が非常に強い修復治療といえます。ちなみに、歯科用金属による修復では、残存歯質と機械的に嵌合するだけの「合着」操作となるため、脱離するリスクはセラミックより高いです。さらに、金属を使用しないセラミック修復であれば、金属アレルギーのリスクはゼロとなります。
その他、歯垢や細菌の付着率も金属よりセラミックの方が低く、むし歯になりにくいという特長が挙げられます。

MERITS
セレックを用いたセラミック修復のメリット

  • 01.光学カメラによる型取りなので嘔吐反射が起きにくい
  • 02.治療期間の短縮
  • 03.一定の品質
  • 04.天然の歯に近い色を再現できる
  • 05.硬さがエナメル質に近い
  • 06.金属アレルギーのリスクがゼロ
  • 07.歯垢や細菌が付着しにくい

DEMERIT
セラミック修復のデメリット

  • 01.保険が適用されない
  • 02.金属と比べて割れやすい

LONGEVITY OF TREATMENT
CAD/CAM治療の予後

CAD/CAM治療は、金属と比べて数倍長く歯を使うことが可能です。また医院の保証もありますので、しっかりとメンテナンスに来ていただいていれば、割れたり、ひびが入っても無料でやり直すことができます。そして10年後以降もその残存率が極端に下がるのかといいますとそうではありません。
CAD/CAM治療の20年後の残存率は90%以上あるというデータもあります。つまりここでその歯の治療が今後しなくていいようになるのです。

METAL FREE 03. ジルコニアインプラント

金属を使わないインプラント

日本でもインプラント治療を多くの歯科医師が取り入れるようになり、かなり世間的にもインプラントの存在が知られるようになりました。インプラントの主成分は、チタンです。
チタンは非常に安定性が高く(溶けにくい・変質しにくい)、生体親和性(人体と拒否反応なく結合する)があります。医療用に最適な金属材料として、歯科のみならず、整形外科や耳鼻科など多くの領域で用いられるようになった金属です。ですが、そもそも金属アレルギーというものは、金属に多く触れるうちに体がアレルギー反応を起こす(感作される)ものなのです。つまり・・・いつかアレルギーを起こす可能性があるのです。
チタンは我々の生活で使われるようになってから、まだ非常に年数の浅い金属です。そして何より溶け出しにくい(体に取り込まれにくい)ので、まだチタンアレルギーの症例はそんなに多く報告されていません。
しかし、口腔内という非常に苛酷な環境で使用されるインプラントでは、体に取り込まれることが絶対にないと言えません。
当院では、ジルコニアインプラントも選択できます。金属アレルギーがある方でも安心して使っていただける最新のインプラントです。世界トップのインプラントメーカーのストローマン社は、数年前よりアメリカやヨーロッパでジルコニア100%インプラントを販売しており、当院では、そのインプラントを使用しております。

100% PURE CERAMIC IMPLANTS
ジルコニウムセラミックで作られたインプラント

酸化ジルコニウムセラミックで作られたインプラントは、天然歯の歯根の条件と非常に似ている上、生物的適合性が高く、歯肉の耐性が高いのでアレルギー体質の方にも安心の体にやさしい治療を受けていただけます。
メタルフリーと優れた生物学的適合、自然な色と審美性、良好な歯肉の再生などの利点があります。

MERITS
フルジルコニアインプラントのメリット

01.半永久的に高い審美性を維持

インプラント体がジルコニアホワイトであるため、歯肉が黒ずんだりせず、真っ白で審美性も非常に優れています。特に前歯のインプラントの場合、仕上がりが非常に美しいです。チタンでは将来的に歯肉の位置が下がり、金属が露出して目立つ場合もありますが、ジルコニアは白いため、生涯を通じて高い審美性を維持することができます。

02.優れた生体親和性

ジルコニアは、非常に汚れやバクテリアのつきにくい物質で、チタンと同じように人体の骨の中で安定します。

03.強度が高く、長期安定性に優れる

ジルコニア(二酸化ジルコニウム、化学式:ZrO2)は 、ジルコニウムの酸化物です。常態では白色の固体であり、融点が2700℃と高いため、耐熱性セラミックス材料として利用されています。チタンに匹敵する曲げ応力強度「1200メガパスカル」を持っており、長持ちします。インプラントにおいても身体に優しい素材をお届けいたします。

DEMERITS
ジルコニアインプラントのデメリット

ジルコニアインプラントは、様々な面で優れている治療です。しかし、デメリットもあるため、事前に確認しておくことが大切です。ジルコニアインプラントのデメリットを詳しくご紹介します。

  • ・ジルコニアは、素材の中でも比較的コストが高くなっています。治療費が他の素材と比べて高くなるため、少しでも費用を抑えたい方のインプラント治療には不向きかもしれません。
  • ・チタンインプラントより、数10年歴史が浅いため、上のかぶせ物(上部構造、クラウン)にどんなトラブルが生じるか、予想することが出来ませんし、報告もまだ少ないところがあります。
UEDA MEDICAL CLINIC うえだメディカルクリニック(うえだ歯科クリニックの2F) UEDA MEDICAL CLINIC うえだメディカルクリニック(うえだ歯科クリニックの2F) 公式LINEから矯正相談、インプラント相談、ご予約ができます。 公式LINEから矯正相談、インプラント相談、ご予約ができます。